ASUS K55DRノートパソコンが壊れて廃棄の前に分解したら修理できるかも? 2019-07-06T13:36:28Z

ASUS K55DRノートパソコンが壊れて廃棄の前に分解したら修理できるかも?

パソコンのキー破損
パソコンの破損


ASUS K55DRを廃棄か修理か!自分を信じて果敢に修理に挑む?

長年愛用していたASUS K55DRというノートパソコンの画面が映らなくなって廃棄か修理の選択になっていましたが、修理に出すと高くなりそうなので廃棄?
なかなか決断ができないまま放置してありました。
廃棄するなら廃棄前にやっておかないといけないことがハードディスクの消去です。
ただ、画面が映らないとなるとハードディスクを取り出して廃棄することになります。
そうなるとドライバーを使って取り出すということになりますので、ネジを1本外すのも10本外すのも大差ないので、ついでに分解してみることに。


パソコンの画面が乱れて映らなくなる

突然、パソコンの画面が乱れて映らなくってから2年放置してありました。
捨てる前に原因を探るため電源を入れたら映る!
でも、時間が経つと画像が乱れて映らなくなる。
PCの底面が異常に熱くなっているので、ファンが動いていないかも?
マザーボードの状態を見るソフトがあったような気もしましたが、年齢を重ねても知識は重なってないのでアナログスタイルで排気部分に手を当て、排気が感じられないためファンの故障という素人的な浅慮な判断でひたすらネジを外すことにしました。

ノートパソコンのファンの故障は大変そう

ノートパソコンは組み立ても分解もしたことがないので、少し不安ですが筐体が小さいのでビッシリと詰まっていることは想像できます。
デスクトップなら空間に余裕があるので簡単なのですが...

とりあえずネジを外して分解してみる

廃棄するにしても直すにしても、まずハードディスクを取り出そうと思い背面を開けるとすぐにハードディスクがあり、メモリーとハードディスクは交換がしやすい作りになっています。
最も交換することが多い物ですから、当然と言えば当然なんでしょうね。
開けるのネジ2本で簡単です。

※忘れていましたが、当然ながらバッテリ-は外しています。

もう少し分解してみる

ハードディスクを外してみると大量のネジが...なぜこんなにたくさん必要なのかと思うほどです。
一つ一つ外していきますが、ネジのサイズも色々で無くさないようにケースに分けながら外していきます。
全て外したのを確認して、カシメてあるようなのでマイナスドライバーでこじ開けようとしますが、DVDドライブのところに問題が!ネジ止めしありました。
ここのネジを外すにはドライブを取らないと取れませんが、ドライブを取るにはここを開けてキーボードを外さないと取れそうもないのですが...

なんとキーボードは上からはめ込み?

あれこれ見回してもDVDを取る方法がわかりません。
上部のパネルを浮かした状態でキーボードをいじっていると一部分が外れました。
どうもキーボードは上からはめ込んである様で、力業でこじるように取り外しましたが、キーボードは薄いテープ状の配線でマザーボードとつなげてありした。

ちなみにテープ状配線の名称を調べたところFFCケーブル(フレキシブルフラットケーブル)だそうです。
FFCケーブルはマザーボードに止めてあるためコネクターを開いて外して置きます。
このコネクターの開閉レバーがプラスチックで小さくてとても華奢です。

キーボードを外すとDVDドライブのネジがありました。
無事にDVDドライブが取り外せたので、隠れていたネジ3本を外します。
ドライブは1本のネジで止まっていたのにドライブの幅に3本のネジで本体と固定さているのは...

これで、上の部分が外せました。
と思いきやパッドを接続しているケーブルがありました。
ケーブルが短く外すポジションがとても窮屈。
これが後々、テンションが下がる失敗につながります。

マザーボードまでも外すことに

ファンが見えたのですが、どうもマザーボードを外さないと交換できないようになっていました。
そうそう交換するところではないのでしょうが、全て外さないと交換できないない設計はどんなもんでしょう。
マザーボードを外さなくても交換できるようにして欲しかった。

マザーボードを外してひっくり返してファンの電源を取り外してと...
配線が隙間に押し込んであったり、テープで止めてあったりとマザーボードをごっそりと取り外すには大変そうなので、そのままの状態でパタパタとひっくり返しながら作業することとなりました。

マザーボードとファンの写真
マザーボードとファン

ファンの型番をチェックして発注!

ファンの交換には型番は大切、チェックして検索してみるとありました。
1500円くらいなら廃棄よりファンの交換で活かすことを選択。
ファンの電源ソケットもしっかりと確認して発注をしましたが、中国からの輸入になっていましたので時間がかかること、なんと3週間かかりました。

ファンはきっちりと筐に入って郵送されてきました。
しっかり梱包されていました。
見習わなければいけませんね。
いい仕事しています。

中国製PCファン AsusK55DR
中国からの輸入品


問題は動くかどうかのチェックですが、こんな状態でバッテリーを付けて電源を入れる勇気はありませんので、根拠もなく中華製を信じて組んでしまうことに。

※プロならチェックする機材とか方法を知っているのでしょうが、積年素人には無理

ファンの脱着で?

ファンの固定はネジ1つのようですが、排気部分が取れない。
ゴム状なので、はめ込みだと思っていましたが、どうもテープのようになっていて粘着固定してあるようでした。

深く考えず剥がすことに、ここでも力業で浅慮が活かされます。

ポロッとファンが取れました。

ファンの排気フィンには埃がビッシリと詰まっていました。
これでは、排気すればするほど熱気が中に充満します。

PCファンの排気口と埃
ファンの排気フィン


埃取りの掃除をして古いファンにはダメ×マークを付けて横に置き、NEWファンをはめ込んで剥がしたテープはそのままそっと戻すことにして、今まで辿った道のりを引き返すことにするのですが、ここで休憩を入れることが小さいけど大きな不安とテンション急降下となる出来事のポイントとなりました。

休憩後の始まりに集中力が足りなかった

ネジ取り作業と配線取り作業が細かくて疲れていたので、コーヒーブレイクでしっかり休憩して組み直しを始めようとしたときのことでした。
ネジを仕分けした筐をひっくり返してバラバラに...
拾い集めていると外したキーボードが台から落下...
なんということでしょう。
不幸の2連発です。

キーボードのESCキーが破損

キーボードを拾い上げるとのESCキーがなくっているではありませんか、外れて飛んでいってしまったのでしょう。
探しました。
見つかりました。
でも、装着できません。
????
なんと折れています。装着部分のピンが折れていました。
これはなんともキーボードが可哀想な状態になってしまいました。
直すはずが壊すというテンション降下モード突入状態となりました。

ESCですからAとかBとか違い使用頻度は少ないので、キーがなくても押すことができればいいのですが、見栄えが悪い。
そんなキーボードを見ながら反省しつつ、ネットでキーボードを検索。
見つかりましたが、残念なことに欠品でした。

キーボードは後からはめ込みできるので、とりあえず引き続き組み直すことにしました。

問題は飛び散ったネジです。
直感を信じて適当ではなく、適切に判断していくことに...

組み直すのはサクサクと軽快に

元に戻す作業ですからパタパタと取り付け、ネジを締めていきます。
仕分けたネジが混ざってしまったので、ネジの位置を確認して数を数えてサイズ毎に分けてみましたが、当てにならいまま組み直しを始めました。

組み上がるとネジが3本余りましたというより、ネジの長さが合わなくて入らない。
ということで、また解体して組むことにテンションはさらに下降中。

再分解と再組み立て

ネジを外してまたネジ止めするだけですから簡単です。
簡単過ぎてチェックが疎かになっていました。
気づいたのは取り外したハードディスクを取り付けるとき、FFCが邪魔してHDDがつきません。なぜ、FFCがこんなところに?続けてテンションは下降の一途。
HDDのコネクターから外したケーブルを付け忘れていました。
全てネジ止めした後なのでやり直しです。
どこまでも自分のダメ加減に笑いをこらえて再度、解体。

しっかり取り付けを確認して閉じようとしたとき、パッドのケーブルを外していたので忘れずに取り付けようとするのですが、これが取り付けがしにくい。
コネクターをクローズしよとした時になぜかプラスチックのレバーが飛んでいきました。
探すこと30分、見つかることはなくこれはコネクターを買って取り替える?
そんな面倒な...決断はパッドの配線は諦めるでした。
すでにテンションもモチベーションもマイナス状態でしたが、まぁ、ESCキーは破損させてるし、ここまでダメダメならと諦めました。

決断後はサクサクとハードディスクを取り付け蓋をしめて終わりです。

組み立て終わったノートPC
完成PC
※ESCキーは元の位置にそっと置いてあります。

OSは起動するのか、ファンは動くのかチェック

バッテリーを取り付け、ON!
音も静かに何事もなかったようにWindowsが起動しました。
排気口からは温かな風が出ています。
問題なく動きました。

終了です!

ただ、手元にはESCキーと1本のネジが鎮座していますが...忘れましょう。
忘却こそ最強のスキルです!

おわり

色々と壊してしまい、修理なのか解体なのかわからない状態になってしまいましたが、初めてのノートパソコンの分解なのでこんなもんでしょう。

持ち歩くのならパッド使えないと厳しいでしょうが、パソコンは正常に動いているし、元々パッドは使わなかったので破損したコネクターもこのままでマウスを外付けで使う事にしました。
キーボードも古いパソコンにお金かけたら新しいのパソコンに投資した方がいいよう気がしますので、キーが押せるならこのままでもいいかと開き直っています。
ただ、見た目が悪いのが気になりますが...

Windows10は重い!

このASUS K55DRはWindows10にアップしていましたが重すぎて気が遠くなっていましたから、メモリーが少ないのも原因でしょうが、もっと素早く立ち上がって軽快に動き回るようにしたいですね。
ということで、この後はWindowsを止めてLinuxに変更するぐらいでしょうか。
Linuxはディストリビューションはたくさんあって悩むんですけどね。

Ubuntu系はどうも重く感じるし、見た目がしっくりこないので、以前、他機種に入れたChaletOsかKonaLinuxにしようかと思っています。
ChaletOsはシンプルで使いやすくていいのですが、Konaは午後のコーヒータイムのような癒やされる感じの壁紙と作りなんですよ。
Linuxをインストールしただけで満足する私にはKonaの一服感が好きですね。

Linuxも簡単になったとはいえ、ちょいとマニアックなところもあってビギナーの私にはネット検索とにらめっこ状態になりますから、積年ビギナーには少々辛いのですがね。

この満身創痍のAsusノートPC修理録を見て勇気を出して頂ければと思います。

このブログを書きながら聴いてる1曲をご紹介

こんなテンションがどん底な時は、この曲で!
アーティスト:Belinda Carlisle
曲名:Heaven Is a Place on Earth
Album:Heaven on Earth
release:1987年