上腕二頭筋の始まりと終わり(起始停止)と肩腕の痛み 2019-04-09T05:05:00Z

上腕二頭筋の始まりと終わり(起始停止)と肩腕の痛み

上腕二頭筋の部位イラスト
上腕二頭筋の起始停止


力こぶ!肘を曲げ、腕を上げる筋肉:上腕二頭筋

腕の前面にあって肘関節を曲げる筋肉として、上腕二頭筋、上腕筋があります。
今回は、上腕二頭筋の始まりと終わり(起始と停止)をチェックしてみます。

上腕二頭筋はこんな感じ

上腕二頭筋は腕の前側にある筋肉で、肘を曲げると盛り上がる筋肉です。
※昔、この筋肉が盛り上がって強くなるポパイというアニメがありました。

上腕二頭筋は肘関節を曲げる筋肉ですので、腕の後ろ側にある肘関節を伸ばす上腕三頭筋の拮抗筋となります。

上腕三頭筋の始まりと終わり:日々是ゆるり絶好日


始まりと終わり-起始と停止

起始
  • 短頭:肩甲骨の烏口突起
  • 長頭:肩甲骨の関節上結節

停止
  • 橈骨粗面、上腕二頭筋腱膜
神経
  • 筋皮神経(C5,6)
上腕二頭筋のイラスト
上腕二頭筋の図


筋肉の作用

  • 肘関節(腕尺関節)を曲げる(屈曲作用)
  • 前腕を回外させる(橈尺関節)
  • 肩関節(肩甲上腕関節)を屈曲させる
 
上腕二頭筋の動きのイラスト
上腕二頭筋の動き


上腕二頭筋と肩関節

上腕二頭筋は、肘の前から肩の前に伸びています。
肩に近づくと三角筋や大胸筋などの筋肉があって力こぶのような大きな筋肉の状態ではなく二頭筋ですので、短頭と長頭の2本の腱に分かれ肩甲骨に向かっていきます。
筋肉によっては止まる位置が別の骨の場合がありますが、上腕二頭筋の2本の腱はどちらも肩甲骨に止まります。ただ、腱の通る位置も止まる位置も少し違っています。

肩関節、肘関節を曲げるだけでなく、前腕の回外にも関わるので腕を使うスポーツ、作業などでは負担のかかる筋肉となります。

肘や肩の痛みと上腕二頭筋

野球、テニス、バレーなど肩関節や肘関節を使うスポーツでは、上腕二頭筋は過度に伸ばされたり、強く縮めたりとストレスがかかります。
肩の痛みとして腱板損傷がありますが、上腕二頭筋も大胸筋と合わせてチェックしたい筋肉です。

ローテーターカフ:日々是ゆるり絶好日


五十肩でも上腕二頭筋が痛む

五十肩(肩関節周囲炎)は肩関節の退行性変化が原因の障害ですが、肩関節周囲の痛みだけでなく上腕二頭筋にも筋の緊張、痛みが出てくることがあります。
このため四十肩・五十肩の治療では、肩周囲の筋肉だけでなく上腕、前腕への施術も必要となることがあります。

おわり

治療では、上腕二頭筋という筋肉単体だけでなく他の筋肉とのつながりや動きを考える必要があります。
筋肉は伸びる縮む、移動する...経脈、経穴、経線となかなか複雑で、ケガの繰り返しや慢性化でより治りにくくします。

スポーツでの関節・筋肉のケガやパフォーマンスの改善に鍼やマッサージ、通電治療、運動法など鍼灸治療、接骨治療を活用してみて下さい。

このブログを書きながら聴いてる1曲をご紹介

アーティスト:Aimer
曲名:ポラリス
Album:After Dark
release:2013