手太陰肺経のツボ:中府(ちゅうふ)ー肩痛・風邪ー 2018-11-09T22:11:51Z

手太陰肺経のツボ:中府(ちゅうふ)ー肩痛・風邪ー

手太陰肺経のツボ:中府穴
中府穴


肩の運動痛、喉の呼吸痛にも肺経の中府

中府穴は体の前面で胸部にある太陰肺経の始まりのツボです。
呼吸に関わるツボですが、肩の付け根辺りにあるツボですので肩の運動痛に対
しても使われます。

「由来」

何かが集まるところを「府」といい、手の太陰肺経の脈は中焦より始まり、最
初に集まる穴(ツボ)なので「中府」と呼ばれ、肺経の募穴になります。


「取穴:探し方」

鎖骨に指を当て外方向にいくと鎖骨下に凹みがあり、そこを「雲門穴」とし
て、そこから下へ1寸(親指幅1つくらい)の処

手太陰肺経のツボ:中府穴の図
肺経:中府穴


胸の筋肉が腕へとつながるところですので、スポーツや仕事などで腕をよく使
う人などは硬くなっていたり、指で押さえると痛みを感じる場合があります。


「こんな症状に中府穴」

鼻水、喉の痛み、咳、風邪、肩痛、胸痛など・・・
咳や鼻水など風邪の症状から五十肩、肩関節の運動痛などに役立ちます。

風邪の予防や肩の痛みの治療

寒くなる秋、冬の季節には空気は乾燥し冷えてくるため、呼吸器にも負担がか
かり喉の違和感や痛みなどから風邪を引きやすくなります。

うがい、マスク、手洗いなどの予防に併せて、体調管理として筋肉や関節をほ
ぐす体操やツボ押しなどで風邪の予防を試してみてください。

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)やスポーツ外傷などで肩関節の痛みには、大
胸筋、小胸筋など胸と腕をつなぐ筋肉が関係していることが多くあります。

中府穴は胸筋の筋・筋膜の過度な緊張を取り血行を良くするので、急性だけで
なく慢性の肩の痛みの治療にも使われます。

五十肩の慢性期(拘縮期)では肩関節周囲の筋肉が硬く動きが悪くなり痛みを
伴うこと多いので、反応があれば治療のポイントとなります。

*参考:針灸学(経穴編)、まんが経穴入門、図解経筋学基礎と臨床、鍼灸治療基礎学


このブログを書きながら聴いてる1曲をご紹介

Jason Mraz / Let's See What The Night Can Do
アルバム:Know リリース:2018年