役目を終えてたたずんでいたPCにchaletOSを入れてみました 2018-07-16T09:11:52Z

役目を終えてたたずんでいたPCにchaletOSを入れてみました

VistaのあとはLinux ChaletOS

 Vistaのサポートが終わってひっそりとたたずんでいたパソコンにLinuxをインストールしてみることに。

Linux ChaletOs
Linux ChaletOs


ちなみに以前、Kona Linuxの名前が気に入って使っていましたが古いPCでしたので壊れてしまい、新たに少しだけ新しい古いPCにKonaを入れたのですが、上手く動いてくれなくて色々調べましたが勉強不足で原因は分かりませんでした。

ということで断念して他の軽量Linux色々使ってみましたが、軽量とはいえやっぱりちょっともたもた感がありました。ただ、古い廃棄前のPCにLinuxを入れてみることが目的ですので、もたもた動いていてもOKなんですけどね。

とりあえず、目的はLinuxを入れて走らせてみることなので、サポートが終わってたたずんでいたPCにLinux系のChaletOSを入れてみることに!
情報はそんなに多くないのですが、先輩達がやさしく解説してくれている情報を元にチャレンジです。

用意したのは、Vistaで使っていた古くて修理歴大ありのPC1台!
ドライブは懐かしいPlextar!とっても好きなメーカーです。


適当なHDDが部屋に転がっていないか探したところ、ADATAのSSD128GBが見つかりましたが・・・固定用のケースがない。

わざわざ買いにいく?

もう一つ500Gの古いHDDが見つかりましたので、とりあえず、これにお試しインストールをすることにしました。

SSD 128
SSD


HDDを一応チェックすると色々データが入っているようでしたが、使っていないので消去しても問題ないのではということフォーマットです。

あとは、chaletOSをダウンロードしてDVDに焼いてスタートのはずでしたが、相当、回線が混雑しているのかサーバーに元気がないのかダウンロードが長い!


ファンの掃除
Fanの掃除


本を読んで時間つぶししていましたが、相当、読めました。
ついでにファンの掃除までできました。

インストールにも少し時間がかかりましたが、日本語仕様にもできたし今日はここまでということで終了です。

それにしても噂通りスッキリとしたトップ画面で気持ちがいいです。
ubuntuは安定しているのでしょうが、ちょっと使いづらいというかスッキリはしていませんよね。(すみません私的にはです)

まだ、インストールのみで使ってはいませんので、使用感はまたの機会にします。

今回は(も)、接骨・鍼灸治療とはなんら関係の無い内容でした。

※接骨・鍼灸治療のことだけでなく趣味などをゆるりと書いています。